大学中退した人にとって大きな関門となるのが職務経歴書の提出です。

「アルバイト経験を職務経歴書に書いていいのか、書いたらマイナスにならないか」という疑問はありますが、アルバイト経験を書かなければ、職務経歴書に書くことがなくなってしまいます。

大原則として職務経歴書は絶対に出しましょう。「書くことがないから…」と提出しなければ書類審査で不採用になってしまいます。

職務経歴書作りで意識する3つのポイント

「短くてもアルバイト経験がある」という前提で、職務経歴書作りで意識するポイントを紹介します。

1.自己PR欄には長所を沢山書く

大学を中退した人は『ポテンシャル採用』となるので、採用担当者に「この人を雇ったら戦力になってくれそうだな」と思わせられるかどうかが大切です。

自己PRの書き方としては、次のような流れを意識してみましょう。

  • アルバイトでは○○という業務を行った。
  • ○○という業務で△△というスキルが身についた。
  • △△というスキルを御社で活かすことができます。

自分の強みと弱みを分析してみて、アピールできる長所はできるだけ沢山書いていきます。

2.アピールできない職歴は書かない

応募する企業の業務内容と関連のあることだけを書きます。「このスキルに関しては即戦力として役立てる」と思わせるのが大切です。

事務職に応募するのに、引越しバイトで培った重い物を動かすテクニックをアピールしたところで、採用担当者には届きません。

3.自分で考えて行動したことは必ず書く

基本的にアルバイトは先輩から言われた事だけを行います。アルバイトが提案して業務が改善されることは滅多にありません。業務内容に「こうしたらいいのに…」と思っても意見しない人が大半です。

だからこそ自分で考えて、業務を改善した経験があればアピールポイントになります。どれだけ成果がでたのかを数字を盛り込めば効果的です。業務の短縮時間などは

「平均で15分かかっていたところを13分に短縮」などと書くと信用性が出てきます。

アルバイト経験が全くない場合は

職歴がないからといって、職務経歴書を書かないのは絶対によくありません。「職務経歴書≒自己PR書」です。あなたに長所があればなんだって書いていいので、アピールできることはどんどんと出していきましょう。

部活やサークルなどの経験を通して、あなたがどんな人生を歩んできたかをアピールするのがおすすめです。コミュニケーションで苦労したことや、部活での練習を改善したことがあればしっかり書きましょう。

「長所なんてないんだけど…」という人へ

「長所なんてない」という考えは、短所ばかりが思いついてしまう人にありがちです。学歴コンプレックスもあるかもしれません。

しかし、この世に短所しかない人間なんていません。徹底的に自己分析すれば長所が見つかります。少なくとも「謙虚」「自信過剰による取り返しのつかないミスをしない」という長所はあるでしょう。

自己肯定感が低い人はなかなか採用されません。自信なさそうな態度で面接に臨んでも不採用が続いてしまいますから、その点からも長所を見つける必要があります。

どうしても長所が書けなければエージェントを利用する

どうしても長所が思いつかなければ、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談してみるのがおすすめです。

就職shopハタラクティブなら採用支援のプロが丁寧にカウンセリングをしてくれるので、あなたの長所がきっと見つかります。

中退に理解のある企業、採用されやすい企業を紹介してもらうことが可能です。

大学中退者におすすめの転職エージェント

就職shop

就職shop公式サイト

転職業界最大手のリクルートグループが運営しているフリーター専門のエージェントです。

全国に拠点を抱えており、抱えている求人案件数はどこよりも多いです。営業職は全体の4割程度、求人数が多いので営業以外の職種も沢山あります。

就職shop公式サイト

就職shopの詳細を見る

ジェイック

ジェイック公式サイト

大学中退者支援プログラム「セカンドカレッジ」や、営業職向けの「ジェイック営業カレッジ」という無料就職講座を受講できるエージェントです。

ビジネスマナーや就活ノウハウを受講した後は、書類選考なしで20社と面接可能です。紹介される求人は営業職が多いです。

ジェイック公式サイト

ジェイックの詳細を見る

ハタラクティブ

ハタラクティブ公式サイト

東京を中心に一都三県の求人があります。

ハタラクティブが紹介してくれる求人の中で、営業職は全体の3割程度です。事務や広報、生産管理、総務など、営業以外の職種を探している人におすすめです。

ハタラクティブ公式サイト

ハタラクティブの詳細を見る

※その他のエージェントについては『大学中退した人が利用できる転職エージェント一覧』をご覧ください。