ウズキャリ既卒

「ウズキャリ」は大学中退者も就活支援を受けることが可能です。

大学中退者ならではの弱点を補うようなキャリアカウンセリングを行ってくれます。

【ウズキャリが補ってくれる大学中退者の就活弱点】

  • 一人で就活の全てを進めていかなければいけない
  • 書類審査で不採用になる可能性が高い
  • 中退理由の説明でネガティブさを払拭しなければいけない

ブラック企業を避けて就活したいと考える人におすすめします。

紹介した企業に無理に入社を勧めるようなことはなく、内定がでても本人が辞退したいと思えば他社を紹介してくれます。その結果として入社後の定着率は93%という高い数字があります。

ウズキャリ公式サイトはこちら

大学中退+高校中退から就活成功した例もあります

「大学中退+高校中退」の経歴でエンジニア職に就いた例が公式サイトで紹介されています。

高校を中退後に高専へ進み、さらに大学へ編入されましたが、こちらも2016年に中退。その後さらに一年以上の空白期間があり…

公式サイトより

上記の例では「フリーター期間が一年以上」なので若さがあるとはいえ、書類審査で不採用になる可能性が非常に高いタイプのかたです。

利用できるのは最終学歴が高卒以上のかたのみ

ウズキャリは高卒以上の方限定のサービスです。高卒認定を取得して大学に進学した人なら問題なく利用できます。中卒の方はハタラクティブなどを利用するのがおすすめです。

ウズキャリを利用する前に知っておきたい3つの特徴

1.サポート体制が充実している

「サポートにかける時間は他社の20倍以上」という、充実したサポート体制が売りです。自己分析や履歴書・面接でのアピールポイントをしっかりと検討してくれますし、面接対策には特に時間を掛けています。

何度も模擬面接を行い、実際の面接でもよくある『中退者が答えにくい質問』を中心に対策していくことができます。

2.キャリアカウンセラーの支援姿勢が良い

転職エージェントは、利用者が企業に入社しなければ儲けになりません。他社エージェントでは、求職者に内定がでればなんとかして入社してもらうように、強引に勧めてくるキャリアアドバイザーもいます。

ウズキャリでは強引に勧めるようなことがまずありません。求職者の要望をできる限り聞き、長く働けるような支援を行ってくれます。

副社長が自社ブログで「企業から『この人をなんとか入社させてくれ』という要請はある。でも、本人が嫌がっているのに無理に説得して入社させたくない。」という主旨の話を掲載しています。

3.求人案件は営業とITが多い

求人案件は営業とITが多いです。それ以外の業種・職種を希望している人は不満があるかもしれません。

上場企業の求人案件を紹介してもらえるので、その後のキャリアアップが可能な仕事探しを行えます。

ウズキャリの無料登録はこちら

大学中退者におすすめの転職エージェント

就職shop

就職shop公式サイト

転職業界最大手のリクルートグループが運営しているフリーター専門のエージェントです。

全国に拠点を抱えており、抱えている求人案件数はどこよりも多いです。営業職は全体の4割程度、求人数が多いので営業以外の職種も沢山あります。

就職shop公式サイト

就職shopの詳細を見る

ジェイック

ジェイック公式サイト

大学中退者支援プログラム「セカンドカレッジ」や、営業職向けの「ジェイック営業カレッジ」という無料就職講座を受講できるエージェントです。

ビジネスマナーや就活ノウハウを受講した後は、書類選考なしで20社と面接可能です。紹介される求人は営業職が多いです。

ジェイック公式サイト

ジェイックの詳細を見る

ハタラクティブ

ハタラクティブ公式サイト

ハタラクティブが紹介してくれる求人の中で、営業職は全体の3割程度です。事務や広報、生産管理、総務など、営業以外の職種を探している人におすすめです。

ハタラクティブ公式サイト

ハタラクティブの詳細を見る

※その他のエージェントについては『大学中退した人が利用できる転職エージェント一覧』をご覧ください。