大学中退者あるあるの一つが「自分の強みがわからない」という悩みです。

中退という経歴に対してポジティブな理由付けをできなかったり、自分の過去を振り返って「これがわたしの優れている能力だ」と言える経験が思いつかない人は少なくありません。

しかし、就職活動においては、自分に自信がないのが一番ダメです。

面接や履歴書の自己アピールでは、いかに自己分析を徹底しておくかが鍵となります。自己分析を行っていないのであれば、まずは自己分析することから始めましょう。

  • 自分はなにが得意なのか
  • どんな仕事に就きたいのか
  • そのためには何をすべきか

こう考えていくことで、「履歴書をどう書けばいいかわからない」「面接で何を話せばいいかわからない」という段階から抜け出すことができます。

自己分析が必要な理由は就職活動を上手く進めるため

自己分析をすることで、自分の強みを明らかにして、企業側にアピールすることが可能になります。

自己アピールができているかどうかで、採用担当者の印象は大きく変わります。

自己分析の具体的な3ステップ

1.自分の経歴を紙に書き出す

最初に行うのが、自分の経歴を書き出すことです。学歴やアルバイトはもちろん、中学高校の部活や学習塾についても書き出しましょう。

具体的な数字や名称まで書き出すのがポイントです。採用担当者に見せるわけではありませんから、とにかく沢山手を動かします。

2.自分の強みを整理する

書き出した経歴の中で、自分の強みと弱みを分析して行きます。部活のコミュニケーションで苦労したことや、計画立てて行えたことなどを整理していきます。

長く続いたこと≒自分が興味を持って行ったことと考えても良いです。

3.自分の弱みを書き出す

弱みを書き出してみるのはかなり大切です。弱点しかない人間なんていませんし、弱みを裏返せばポジティブな面が見えてきます。

また、自分の弱みを整理しておくことで、面接時に指摘されてもフォローしやすくなります。

無料で自己分析・適職診断を行える『グッドポイント診断』

はじめのうちは自分だけで自己分析するのは難しいです。しかし、今は無料自己分析や適職診断できるサイトが登場しています。

特にお勧めなのがリクナビNEXTの『グッドポイント診断』です。

グッドポイント診断へ

18種類に分けた強みの中から、客観的にあなたの強みを5つ診断することができます。

アピールポイントを発見して応募時に強みを伝えられるのはもちろん、応募書類見直しのきっかけにもなります。

 

類似サービスには、マイナビの『適職診断MATCH』や、キャリタス就活の『キャリタスQUEST』などがあります。

大学中退者におすすめの転職エージェント

就職shop

就職shop公式サイト

転職業界最大手のリクルートグループが運営しているフリーター専門のエージェントです。

全国に拠点を抱えており、抱えている求人案件数はどこよりも多いです。営業職は全体の4割程度、求人数が多いので営業以外の職種も沢山あります。

就職shop公式サイト

就職shopの詳細を見る

ジェイック

ジェイック公式サイト

大学中退者支援プログラム「セカンドカレッジ」や、営業職向けの「ジェイック営業カレッジ」という無料就職講座を受講できるエージェントです。

ビジネスマナーや就活ノウハウを受講した後は、書類選考なしで20社と面接可能です。紹介される求人は営業職が多いです。

ジェイック公式サイト

ジェイックの詳細を見る

ハタラクティブ

ハタラクティブ公式サイト

東京を中心に一都三県の求人があります。

ハタラクティブが紹介してくれる求人の中で、営業職は全体の3割程度です。事務や広報、生産管理、総務など、営業以外の職種を探している人におすすめです。

ハタラクティブ公式サイト

ハタラクティブの詳細を見る

※その他のエージェントについては『大学中退した人が利用できる転職エージェント一覧』をご覧ください。